Origin 原末石鹸の、源流。

がんばってる子どもたちのために、
肌に最高にやさしい石鹸をつくりたいと思った。

2010年、乾季のタイ。 日本人の子どもたちを対象とした坂⽥ゴルフ塾の合宿が⾏われていました。
灼熱の太陽のもと、ゴルフ漬けの毎⽇に、⽇焼けが酷く、火傷状態のような子どもたち…
肌が弱く、アトピーの症状のある子どもたち…
ほとんどの子どもたちが、肌を痛め、悩んでいました。
塾長の坂田信弘氏と親交のあった私はその光景を目の当たりにし、子どもたちの肌を守ってあげられないかと、自作で石鹸づくりに取り組んだのが、原末石鹸の始まりでした。

試作を続けた結果、私がとりわけ着目した成分が皮膚トラブルや乾燥、痒みを和らげる効果が実証された「キトサン」でした。
キトサンを豊潤に使用した石鹸を手渡したところ、日焼けやアトピー症状で傷んだ肌が次第に修復していったのです。
肌のトラブルから解放された塾生の子どもたちに、笑顔が戻ってきたのです。

キトサン入り石鹸の評判が次第に広まり、塾生の子どもたちだけでなく、肌のトラブルに悩む方からも「噂の、その石鹸を私にも使わせてくれないか」とご要望され… こうして石鹸づくりに本腰を入れることに。 キトサンだけでなく、さらに肌にやさしい成分を検討し、厳選し、試作を繰り返し…アナツバメの巣や真珠などの健康成分を見出し、その製造法(原末製法)にもこだわり、10年の歳月をかけ、やっと満足のいく健康石鹸「HIRODELLE SORP」が完成しました。
さらに、女性の方々からの強いご要望で肌にやさしいのはもちろん、美容効果を備えた石鹸の開発にも着手。
続いて、美容洗顔石鹸「HIRODELLE SORP」が誕生したのです。

私たち「原末石鹸」は、健康・美容成分にこだわり、国内製造原料にこだわり、原末製法にこだわり、性別や年齢を問わず、どんな方にも安心して、生涯にわたってお使いいただける石鹸をご提供していこうと心がけています。

この石鹸づくりの源流が、そして、タイでの子どもたちの笑顔が、いま、普遍の志、社会責務の理念となって、「原末石鹸」のすべてに息吹いています。

原末石鹸株式会社
代表取締役